ご紹介者キャンペーンへの参加はこちらをクリック

ご購入はこちらをクリック
オリーブオイルはオリーブ果実100%のフレッシュジュース。おいしくて、体にいいお菓子、デザートができます。素材の個性を生かして香る、新しい味のフランス菓子の数々を紹介。
文化出版局刊
磯貝由恵著
定価 1400円

オリーブオイルでフランス菓子 おいしくて、体にもいい、新しい味のお菓子作り


〜素材の個性を生かして香る、新しい味のフランス菓子〜
オリーブオイルの成分は、素材そのもののうまみを引き出す成分があります。
だから、焼き菓子は、小麦粉のうまみがひきだされ、ナッツのような香ばしい風味が味わえます。
そして、冷たいお菓子は、オリーブオイルの持つ自然の風味が加わり、フレッシュな味わいのお菓子に。
また、オリーブオイルは、油脂分が素材の中まで浸透せず、表面にとどまるため、
オリーブオイルで揚げたお菓子は、まわりはさくっと、中はべとつかず、消化のいい、
冷めても味わいのあるお菓子ができ上がります。


〜甘みとの相性、小麦粉との相性〜
オリーブオイルは、ミネラルを含むオイルなので、甘みも自然のミネラルを含むものがよく合います。
ブラウンシュガー、メープルシロップ、はちみつ、黒糖、ドライフルーツ、果汁など、自然の甘みが、個性となって生きてきます。
また、熱処理も化学処理もされていない、天然成分をそのまま含むオイル。だから、
ナチュラルな粉がよく合い、そのうまみを引き出します。全粒粉、麦芽、そば粉、オートミールとの相性も抜群です。

そして・・・

〜自然の恵みをいただく幸せ〜
オリーブオイルは、オリーブ果実をしぼっただけの100%フレッシュオリーブジュース。
オリーブの木が地中深くから吸い上げた大地の養分と太陽の光を浴びて自ら作り出した天然成分。
これらが、オリーブの実に蓄えられ、その実をしぼって作られたオイルは、自然のエッセンスたっぷり。
貴方のキッチンにあるオリーブオイル、オリーブオイルが放つ香り、風味を是非お菓子に加えてみてください。
新たなお菓子の味わいの発見は、自然の恵みをいただく幸せ。
そんな幸せのメッセージがたっぷりはいった、おいしくて、体にもいい、新しい味のお菓子作りの本です。


〜著者の思い

「このオリーブオイルが香るお菓子が作りたい!」
パリの料理学校で習ったオリーブオイルのカトルカール。
自宅でおいしくできずに断念していたのもかかわらず、考えるきっかけになったのは、
滞在中にであった、A.O.C.バレ・デ・ボー・ド・プロヴァンスのオリーブオイルから。
それは、オイルといっても全く油っこさはなく、そのままソースになるほど洗練された味。
香りは、果物、野菜、ナッツ・・・を思わせ、舌の上にのせて広がる風味は、まるで、ワインのように複雑で華やかに変化したのです。
そんな魅力にふれて、「このオリーブオイルが香るお菓子が作りたい!」と胸をかきたてたからです。



オリーブオイルでフランス菓子 目次

はじめに
オリーブオイルのお菓子って?
お菓子に与える効果
お菓子作りのこつ
甘みとの相性
小麦粉との相性

ナチュラルな粉のお菓子

そば粉、オートミール、胚芽のクッキー
ショートブレッド
シフォンケーキ
全粒粉のシュー
黒糖のタルト
メープルキャラメルのプディング
そば粉のクレープ
そば粉のファール

  

フルーツ、ナッツ、野菜のお菓子
ハーブ風味と全粒粉のスコーン
ブルーべりーと全粒粉のマフィン
バナナブレッド
オレンジとオリーブのタルト
チェリーのクランブル
パイナップルのシブースト
オレンジ風味のクレープ
アーモンドのスフレ

   

オモニエールとフルーツのコンポート
にんじんのケーキ
かぼちゃのタルト
いちじくのタルト
タタン風ケーキ
トロピカルロール
パン・デピス
ダークケーキ
パスティスのケーキ
くるみのタルト
クロケ・オザマンド
パン・ド・ジェーヌ
マロンのケーキ
マロンのチュイル
    

冷たいお菓子 揚げ菓子
アイスクリーム
パッションフルーツとオレンジのグラニテ
バナナといちごのパルフェ
リソル
メルベイユ
りんごとパイナップルのベニエ
クレーム・フリット
ペドノンヌ
     

チーズとチョコレートのお菓子
フレッシュチーズ、はちみつとオレンジのオリーブオイルソース
ガトー・ショコラ
ブラウニー
サブレ・オ・ショコラ
ココナッツ風味のチーズケーキ
赤いフルーツのティラミス
チーズケーキ


道具について
材料について

オリーブオイル〈エキストラバージンオリーブオイル〉〈山岳地帯のオリーブオイル〉〈海辺のオリーブオイル〉
小麦粉、小麦胚芽、全粒粉、そば粉
ブラウンシュガー、黒糖、はちみつ、メープルシロップ、果物、ドライフルーツ
アーモンドパウダー


■著者のプロフィール
磯貝由恵(いそがい・よしえ)
パリのリッツ・エスコフィエをはじめ、フランス各地で料理、製菓を学ぶ。
フランス滞在中に出合ったオリーブオイルについて、造詣を深め、オリーブオイル料理、お菓子のレシピを開発する。
現在、料理教室『エコール・ド・ガストロノミ・ラフィネ』を主催する。
本書は、バターなど動物脂肪が多く、健康面で気がかりなお菓子も、オリーブオイルを使うことで問題を解決。
オリーブオイル活用術を極め、おいしくて、健康なお菓子作りを紹介します。





Copyright:Ecole de gastronomie RAFFINEE